Blog

マナーが悪いお客さんに対しても接客する必要が出てくる

風俗店にはいろいろな男性のお客さんが来店されます。お客さんの中にはとっても紳士的な人がいる一方で、マナーが悪いなあと感じる人もいます。後者のお客さんが来た場合には気持ちが萎えてしまうということもあるかもしれませんが、こういうお客様であってもお金を支払ってくれるのであれば、邪険に扱うことができないです。

風俗業界は入れ替わりが激しい

どこの風俗店であってもフルシーズンで風俗嬢を募集していることがあるのではないでしょうか。それは、入ってくる人も多いわけですが、辞めていく人もそれだけ多いということが言えるわけです。多くのお金が稼げるとはいっても、それが仕事のつらさと見合うのかどうかというのは本人次第のところがあります。

仕事のつらさの一因として、マナーが悪いお客さんに接する必要があるということもあるでしょう。そういう人に対して接客をしていると気持ちが全然入らないということも十分にあり得ます。こういう厄介なお客様に耐えかねずに辞めてしまうということがあります。

マナー違反の場合はスタッフに言うのもアリ

中にはお金を支払っているのだから、本番行為を求めようとするお客さんもいます。本番行為は法律によってソープランドしかできないことになっていますので、デリヘルなど他の業種では本番行為ができない点に注意してください。本当に嫌だということであれば、スタッフに駆け込んで助けてもらうということもいいでしょう。

マナーが悪いお客さんにどう対処するのかがポイント

お客さんの中にはマナーが悪いお客さんがいるわけです。そういう人に対して自分で注意ができるのか、それでも聞いてもらえないならスタッフに伝えるなどの対処ができるのかどうかがポイントになってきます。

関連する記事

Related Posts

You may like these post too

仕方なく働く場合であっても明るい笑顔で働こう

風俗は精神的にも肉体的にも大変だが、それに見合ったお金を稼ぐことができる